ペットに関するいろいろな話題や営業中に出会ったペットショップさんや動物病院のみなさまについてお話してます。
ペット用シャンプー

ペットの皮膚病で悩んでいませんか?

b8687320.bmp

フケやかゆみなどペットの皮膚にまつわる症状で悩まれている飼主さんが増えているようです。

被毛や皮膚を清潔に保つのは当然のこと、角質層をやわらかくして取り除いてあげることが大切です。

ペット用シャンプーには医薬品と医薬品以外のものがあります。それぞれに成分や効能は異なりますから、飼主さんにとって「どんなシャンプーを選べばいいのか」は、いつも悩みどころです。

角質を柔らかくする成分の入っているシャンプーも様々で、強すぎるとかえって皮膚を荒らしてしまうこともあります。信頼のおけるブランドの商品を選ぶことが大切です。

「ホスティーンS」は、皮膚病の予防・治療用シャンプーです。安心してお使いになれる医薬品です。イオウの成分が、角質を優しく溶解し、フケ・かゆみや湿疹・外部寄生虫症などの改善に力を発揮します。

愛犬がいつまでも健康でストレスのない毎日を送れるようホスティーンSでケアをしてあげてください。

ホスティーン

     ホスティーン成分


2006年02月24日 19:04|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

アロマテラピーバランスシャンプー

アロマテラピーバランスシャンプーこんにちは!ペットのアロマ、アロママッサージなど、最近ペットに関するアロマのお話をよく耳にします。
club-BPDs でもペットのアロマテラピーシャンプーをご紹介しています。
今日はアロマテラピーシャンプーについて詳しくご紹介します。


アロマテラピーシャンプー
アロマとは、、。
ヨーロッパで始まった考え方で、花や樹木、果実などから抽出された香り豊かな天然の精油の芳香を、心や身体の健康に役立てようというのがアロマテラピーです。
森林浴で心と身体をリフレッシュというのも一種のアロマテラピーといってもいいかもしれません。

現代生活ではペットにもストレスがたまりがち。
自然の香りで嗅覚を刺激すると緊張がほぐれ、眠りが深くなり、気分が爽快になるといわれています。心と身体がリラックスし、気分がリフレッシュすると、自然と身体のあらゆる不調が和らぐようになります。

ティートリー
アロマテラピーシャンプーは、ティートリーというアロマを使用しています。
みなさんも一度はティートリーを嗅いだことがあるかもしれません。
ティートリーは、オーストラリアに生育するフトモモ科の植物で、古くからオーストラリアの原住民、アボリジニが色々な用途に使用してきました。
近年になってアロマテラピーでもよく用いられるようになりました。
ティートリーの葉から抽出されるティートリーオイルはフレッシュでスパイシーな香りで、怒りやヒステリー、特にショックを受けて高ぶった感情をリフレッシュさせ、ストレスを解消させる働きがあるといわれています。


2006年02月14日 14:34|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

シャンプーもいろいろ

ある獣医学生の方が、ご自身のブログでドーベルマンの育成日記を公開しています。その中で石鹸成分の少ないシャンプーを試し、調子が良くなった事を報告していました。

ペットの皮膚の事を考え、シャンプー選びをする方がもっともっと増える事を期待しています。


2005年10月17日 16:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

健康管理としてのブラッシング

ブラッシングはシャンプーの前だけ。

うちの子は短毛種だから必要ない。

そうお思いの方にこちらのブログ(「トリミングな気分♪」)をご紹介します。現役のトリマーの方が健康管理としてのブラッシングについて述べていらっしゃいます。ブラッシングに適した道具の選び方やブラッシングの仕方を写真付きで、丁寧に紹介されています。

ブラッシング上手・シャンプー上手な飼主様が増えると嬉しいですね。


2005年10月17日 15:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

シャンプーは大変?

2週間に1度シャンプーをしてもらっているキャバリア「ララちゃん」の、シャンプーの様子が紹介されているブログをご紹介します(「キャバリア☆ララのさんぽ」)

ペットのシャンプー時は、あまり温度の高いお湯が使えず、泡立ちが悪いのが悩みですが「アロマテラピーシャンプー」は、ぬるま湯でもとても泡立ちがいいのです。アロマの香りでペットもリラックスでき、一石二鳥。

是非、ララちゃんにも使ってほしい逸品です。

 


2005年10月17日 12:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ホスティーンS

ea0dfaee.jpeg

イオウとサリチル酸を有効成分とする皮膚病の治療・予防用シャンプーです。
シャンプー剤として被毛・皮膚を清潔にすると同時に、殺菌作用・角質層をやわらくして取り除く作用・かゆみを抑える作用がありますので、皮膚糸状菌症、湿疹の予防・治療、外部寄生虫症による症状の改善に効果があります。


2005年08月11日 15:51|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

アロマテラピーバランスシャンプー

1caf20dc.jpeg

 

アロマテラピーバランスシャンプーは石鹸成分や石油系洗剤を含まない新しいタイプのシャンプーで、健康な皮毛には欠かせない自然な油分まで取り除いてしまうことがありません。犬や猫は種類によって皮毛の質感が異なるので、過疎の脱脂力をもたないというのは非常に足し悦なこと。アロマテラピーバランスシャンプーは皮膚に程良い湿り気を与え、しなやかな皮毛を保ちます。また、phはペットの皮膚に最適な弱酸性。ペットをシャンプーする場合はあまり高い温度のお湯はつかえませんが、アロマテラピーバランスシャンプーはぬるま湯でも泡立ちが優れています。アロマテラピーバランスシャンプーはペットをリラックスさせるほか、皮膚が乾燥してかゆがったり、ふけが多かったりするペットのシャンプーとしても優れています。


2005年08月10日 18:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

アロマテラピーバランスシャンプー

1caf20dc.jpeg

 

アロマテラピーバランスシャンプーは石鹸成分や石油系洗剤を含まない新しいタイプのシャンプーで、健康な皮毛には欠かせない自然な油分まで取り除いてしまうことがありません。犬や猫は種類によって皮毛の質感が異なるので、過疎の脱脂力をもたないというのは非常に足し悦なこと。アロマテラピーバランスシャンプーは皮膚に程良い湿り気を与え、しなやかな皮毛を保ちます。また、phはペットの皮膚に最適な弱酸性。ペットをシャンプーする場合はあまり高い温度のお湯はつかえませんが、アロマテラピーバランスシャンプーはぬるま湯でも泡立ちが優れています。アロマテラピーバランスシャンプーはペットをリラックスさせるほか、皮膚が乾燥してかゆがったり、ふけが多かったりするペットのシャンプーとしても優れています。


2005年08月10日 18:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
Profile
カテゴリー一覧